腐ったミカンは周りのミカンも腐らせる?

6月の下旬に↓このようなニュースが流れました。

腐ったミカンだと会社側が考えた人たちを集めて、仲間の前で恥をかかせて退職を促したそうです。

間違いなくパワハラですね。

では、みなさんの職場や知ってる会社などに〇ったミカン(*1:以下同)のような人、いませんか?

例えば、

傲慢で仲間から嫌われている

ミスが多発し、常習化して他の従業員に迷惑をかけている

顧客のクレームが多い

昔からこのやり方でやって来たの!と言い張り、パワハラなどの悪しき習慣を改めようとしない

 

〇ったミカンのような人の典型的な例を挙げてみました。

では、このミカンさんが回りに与える影響を考えてみましょう。

〇ったミカンが周囲に与える悪影響

会社組織の中で、後輩さんは先輩の背中を見て育ちます。

先輩がミスの連発をすれば、その組織の中ではミスが正当化されるようになります。

結果として、ミスをしても咎められることがなくなり、ミスが多発することになります。

そして、ミスは信用を失い、周囲の人たちの怒りを招くことになります。

 

傲慢が招くパワハラはもっと悪い結果を生みます。

組織の中でパワー(権限や階級、先輩後輩の地位など)が弱い人に向かってパワハラをすることが多発すると、パワハラを受けた人たちにとっては、パワハラが当たり前になるのです。

パワーが弱い人たちは、年月が経つにつれてパワーを強くなり、新人さんなどのパワーが弱い人たちが生まれます。

すると、パワーが弱かった人たち、パワハラを受けて育って来た人たちは当然のように自分よりパワーの弱い人たちにパワハラをするのです。

第三者から見ると、末期の組織に見えますが、中にいると気が付かないことが多いんです。

 

【腐ったミカンは周りのミカンも腐らせる】

 

非人道的な言葉だと、私も思いますが、現実的に考えて実際におられます

現実から目を背けると取り返しのつかない事態を招きます。

 

早めの対処が必要ですね。

 

上司が気づかず、もしくは気づかないふりをしていたり、現実から逃げていると、組織は少しずつ崩壊の道を歩み始めます。

ゆでカエル症候群

経営の世界ではとても有名な病気の一つです。

手遅れになることも多い、とても怖い病気なんです。

ご留意頂けたら幸いです。

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。

何か質問がありましたら、どんなことでも受け付けます。

取り返しのつかない事態に発展する前に、早めにご相談頂ければ幸いです。

 

付記

*1: 〇ったミカン ⇒ 腐ったミカン のことです。人間に対して「腐」という文字を連発するのは抵抗があり、伏字を使いました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA