【特別出張所】ワードプレスダウン! 絶望からの脱出!!

今回は少々マニアックな内容のため専門用語を使いざるを得ませんでした。

何卒、ご容赦下さい。

先日、ウィジェットのコントロール画面が↓このようになりました。


<画像をクリックすると拡大します>

正常な状態だと↓このようになってます。


<画像をクリックすると拡大します>

 

少々調子が悪くなっているようなので、UpdraftPlusというバックアッププラグインを使い復元をしました。

復元が終わると↓このようなメッセージが現れましたがスルーしました。


<画像をクリックすると拡大します>

 

スルーすると、突然、↓このような画面が現れました。


<画像をクリックすると拡大します>

 

画面が真っ白になってしまいましたが、私の心も恐怖で真っ白になってしまいました(笑)。

「HTTP 500 内部エラー」をキーワードに修復方法を検索しました。

wp-config.phpが壊れていることがあるという情報がいくつかのホームページに出ていました。

FTPソフトでダウンロードし、テキストエディターで開いてみました。

生まれて初めてphpファイルを開きました(笑)。

どこも悪くありません。

念のため、データベースパスワードをこのphpファイルと同じものに上書きしました。

相変わらず、画面は真っ白なままです。

バックアップ 復元 失敗 などで検索をしまくり情報を探していると、wp-config.phpの接続エラーに疑いを持つようになりました。

画面が真っ白になる直前に出た↓このメッセージのことが書かれてました。

↑この記事に従い wp-config.php のファイルに、

define(‘WP_ALLOW_REPAIR’, true);

を追加し修復を試みました。

「Repairs complete」(修復成功)というメッセージが出て、大きな安堵のため息が出ました。

そして、ホームページを見ると、、、

何も変わっていません!!

一瞬抱いた希望は、すぐに絶望となりました。

期待の星が流れ星に。。。

でも、諦めるわけにはいきません。

「何か良い方法はないものか?」と考えていたところ、BackWPupというもう一つのバックアッププラグインのことを思い出しました。

このプラグインは復元の際にFTPファイル転送とSQLファイルのデータベースへのアップロードが必要になります。

復元が少々ややこしいため、簡単にできるUpdraftPlusというプラグインを追加でインストールしたのでした。

BackWPupを使って無事に復元は完了しました。

今回は運よく、バックアッププラグインをたまたま二つ入れてあったので復活させることができました。

UpdraftPlusはコントロール画面が飛ぶと大変です。
バックアップファイルが複数に分かれているため、手動だとどのフォルダーに入れて良いのかわかりません。

BackWPupはZIPファイルに全て圧縮されてるため、解凍してファイル転送をし、phpMyAdminを使ってSQLファイル(上記ZIPファイルの中に含まれてます)をインポートさせれば終わりです。

↑こちらに詳しく書いてありますので、イザという時はどうぞ♪

無事に復元が完了し一安心した時にふと思いました。

「今回は運よく復元できたけど、復元できなかったらどうなっていたのだろう?」

そんな疑問を抱き綴ったのが↓コチラです。

よろしかったら、お読み下さい。

m(__)m

 

今日も最後までお読み頂きありがとうございました。

何か質問がありましたら、どんなことでも受け付けます。

コメント欄でも、メール(arcadia@keiei119.com)でも結構です。

どしどしお寄せ下さい。

お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA